あつしの What's New

技術情報や大学の授業で使用した演習をメモしていきます。このブログは個人のメモで、所属企業や大学の公式情報ではありません。

3D Builder で Surface Hub 2S の 3D モデルを作ってみました

3D Builderを使って Surface Hub 2S の 3D モデルを作ったので、作り方を紹介していきます。
f:id:atsushisz:20191013151242j:plain
簡単に作るために Surface Hub 2S のディテールは省略しています。
ちょっと長いですが、手順はオブジェクトを配置してスケールと位置を変更していく繰り返しなので試してみてください。
3D Builder を使用するので、Windows 10 の PC が必要です。

目次

準備

こちら の GitHub からテクスチャに使用する画像をダウンロードして解凍しておきましょう。
GitHub には完成済みの 3D モデルもアップしてあるので、作る時間はないけど Surface Hub 2S の 3D モデルを使ってみたい方はこちらもご活用ください。

3D Builder はスタートメニューの 「Windows アクセサリ」にインストールされています。
インストールされていない場合は こちら の Microsoft Store からインストールしてください。

3D Builder を起動したら「新しいシーン」をクリックしてシーンを新規作成します。

3D モデルを作成

本体背面の PC 部分の作成

本体背面の丸い PC 部分を作っていきましょう。

まずオブジェクトをシーンに配置するために「挿入」-「円柱」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000100j:plain
配置したオブジェクトのサイズと位置を変更します。「スケール」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。スケールを入力する際は縦横比のロックをオフにしておきましょう。
f:id:atsushisz:20191014000105j:plain:w280

X Y Z
スケール(mm) 575 575 50

「移動」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。
f:id:atsushisz:20191014000108j:plain:w280

X Y Z
移動(mm) 0 38 370.5

「表示」-「中央に表示」をクリックして全体を表示しましょう。これは作業をしやすくするためなのでマウスの操作で見やすい位置に変更してもかまいません。

次にオブジェクトに色を塗っていきます。円柱のオブジェクトが選択されていることを確認して、「ペイント」-「色」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000112j:plain

標準の色には Surface Hub 2S に近い色がないので色を追加します。「選択済み」-「その他の色...」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000117j:plain:w300

色コードに C2C3C7 と入力して「〇」ボタンをクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000122j:plain:w280

円柱のオブジェクトをクリックして色を塗ったら、「〇(色)」ボタンをクリックして確定しましょう。
f:id:atsushisz:20191014000126j:plain:w300

背面のマイクロソフトロゴとフックのテクスチャを貼り付けます。「ペイント」-「テクスチャ」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000129j:plain:w300

テクスチャには準備の時に GitHub からダウンロードした画像を使います。「選択済み」-「読み込み」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000134j:plain:w300

Hub2SRearImage.jpg を選択して「開く」ボタンをクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014000137j:plain

円柱のオブジェクトをクリックしてテクスチャを貼ったら、「〇(適用)」ボタンをクリックして確定してください。
f:id:atsushisz:20191014000141j:plain:w300

最後に向きを変更します。先に円柱のオブジェクトの向きを変えてしまうとテクスチャがうまく貼れないので、必ずテクスチャを貼った後で回転させましょう。
「回転」ボタンをクリックして ロール, ピッチ, ヨー に下記の値を入力してください。
f:id:atsushisz:20191014000146j:plain:w280

ロール ピッチ ヨー
回転(度) 90 0 180

これで、背面の丸い PC 部分が完成しました。
同様の手順で、ディスプレイ、カメラ、カメラの端子を作っていきます。

ディスプレイ部分の作成

ディスプレイ部分を作っていきます。メニューの操作箇所はほぼ同じなのでここからはスクリーンショットを省いていきます。

「挿入」-「立方体」をクリックしてください。
「スケール」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。

X Y Z
スケール(mm) 1097 26 741

「移動」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。

X Y Z
移動(mm) 0 0 370.5

「表示」-「中央に表示」をクリックしてください。
「ペイント」-「色」をクリックしてください。(立方体のオブジェクトが選択されていることを確認してください)
立方体のオブジェクトをクリックして色を塗ったら、「〇(色)」ボタンをクリックしてください。

「ペイント」-「テクスチャ」をクリックしてください。
「選択済み」-「読み込み」をクリックしてください。
Hub2SFrontPanel.jpg を選択して「開く」ボタンをクリックしてください。
立方体のオブジェクトをクリックしてテクスチャを貼ったら、「〇(適用)」ボタンをクリックしてください。

部品が何もないところをドラッグして表示を180度回転させてください。
f:id:atsushisz:20191014014401j:plain
「ペイント」-「テクスチャ」をクリックしてください。
「選択済み」-「読み込み」をクリックしてください。
Hub2SRearPanel.jpg を選択して「開く」ボタンをクリックしてください。
立方体のオブジェクトをクリックしてテクスチャを貼ったら、「〇(適用)」ボタンをクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014014407j:plain

最初に作った PC 部分とディスプレイ部分を両方選択して、「グループ」をクリックしてください。
これで、Surface Hub 2S 本体が完成です。

カメラ部分の作成

次に、カメラと端子部分を作りましょう。

「挿入」-「立方体」をクリックしてください。
「スケール」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。

X Y Z
スケール(mm) 25 21 12

「移動」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。

X Y Z
移動(mm) 0 0 747

「表示」-「中央に表示」をクリックしてください。
「ペイント」-「色」をクリックしてください。(立方体のオブジェクトが選択されていることを確認してください)
立方体のオブジェクトをクリックして色を塗ったら、「〇(色)」ボタンをクリックしてください。

「挿入」-「円柱」をクリックしてください。
「スケール」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。

X Y Z
スケール(mm) 42 42 55

「移動」ボタンをクリックして X, Y, Z に下記の値を入力してください。

X Y Z
移動(mm) 0 0 767

「表示」-「中央に表示」をクリックしてください。
「ペイント」-「色」をクリックしてください。(円柱のオブジェクトが選択されていることを確認してください)
円柱のオブジェクトをクリックして色を塗ったら、「〇(色)」ボタンをクリックしてください。

「ペイント」-「テクスチャ」をクリックしてください。
「選択済み」-「読み込み」をクリックしてください。
Hub2SCam.jpg を選択して「開く」ボタンをクリックしてください。
円柱のオブジェクトの底面をクリックしてテクスチャを貼ってから、「〇(適用)」ボタンをクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014014404j:plain

「回転」ボタンをクリックして ロール, ピッチ, ヨー に下記の値を入力してください。

ロール ピッチ ヨー
回転(度) 100 0 0

円柱で作ったカメラ部分と立方体で作った端子部品を両方選択して、「グループ」をクリックしてください。
これで Surface Hub 2 カメラが完成しました。

保存

「ハンバーガー」ボタンをクリックして「名前を付けて保存」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014014410j:plain:w300
任意のファイル名を入力して「3MF format(*.3mf)」を選択して「保存」をクリックしてください。
必要に応じてほかの形式でも保存してください。
これで完成です!!

完成したファイルは PowerPoint などで 3D モデルとして使用することができます。

PowerPoint で使ってみましょう

PowerPoint で「挿入」-「3D モデル」-「ファイルから...」をクリックして、作成した Surface Hub 2S の 3D モデルを選択後に「挿入」をクリックしてください。
f:id:atsushisz:20191014014414j:plain:w300

「アニメーション」タブで3D モデルのアニメーションを指定することができます。
f:id:atsushisz:20191014014417j:plain

「画面切り替え」タブで画面切り替え効果に「変形」を指定すると画面切り替え時にアニメーションさせることができます。
f:id:atsushisz:20191014014420j:plain

今回は、3D Builder を使って Surface Hub 2S の 3D モデルを作成してみました。
次回以降でスタンドとペンを作ってみたいと思います。

ではまた!

HoloLens のデモ環境

イベントのステージなどでデモをしていると HoloLens のデモ環境について質問を受けることが多いので、いつも使っているデモ環境を紹介していきたいと思います。
f:id:atsushisz:20191012025758j:plain

目次

演台周辺とステージの配置

僕は主にこんなところで HoloLens のデモをやっています。
- 日本マイクロソフト 品川本社の HoloLens のデモルーム
- 日本マイクロソフト 品川本社のセミナールーム
- イベントでブレイクアウトセッションのステージ
- イベントのブースのステージ
この中で難易度が高いのはイベントのステージです。
HoloLens のデモをするためにはある程度の広さが必要ですが、ステージは広さが限られている上に壁が近いことが多いので、いかにしてトラッキングロストを起こさないようにするかが重要になります。

f:id:atsushisz:20191012025105j:plain
CEATEC ブース
例えば、来週の CEATEC のマイクロソフトブースのステージはこんな配置です。壁は黒で床は白に近いグレーになっています。

CEATEC のマイクロソフトブースの壁は黒です。 黒は HoloLens で認識しづらいのでコリジョン抜けを起こしやすいのですが、一方で比較的近くで使用してもトラッキングロストが起きにくいという利点もあります。
ステージ中央にはキューブを配置して形に変化をつけています。これは、Azure Spatial Anchor や Spactator View を使用するための工夫です。
これによってアンカーがずれにくくなります。 Azure Spatial Anchors を使用して効果的なアンカー エクスペリエンスを作成するに Azure Spatial Anchor や Spactator View で安定した環境を作る工夫が記載されています。

ネットワーク環境

次に HoloLens のデモで重要なネットワーク環境です。
僕はこれらの機器を使用しています。

機器 機種
ルーター RTX830
WiFi AP WLX402
PoE YPS-PoE-AT

f:id:atsushisz:20191012025128j:plain
CEATEC ネットワーク機器
ゲーミングルーターを使用する方も多いと思いますが、ブースステージの場合は速度より接続の安定性を重視します。
今回の CEATEC では、HoloLens と iPhone を無線、Surface Pro 6 を有線で接続します。

HoloLens には RTX830(ルーター)の DHCP で固定の IP アドレスを予約しています。これは Spectator View で IP 指定で接続するためです。PC の HoloLens アプリや Miracast だけで接続するなら IP アドレスを固定しなくても大丈夫です。

実施するデモ

十分なスペースが確保できない空間では実施するデモの選択も重要になってきます。

安定していておすすめなのは Dynamics 365 Remote Assist です。アノテーションを打つ場所を事前に決めて、その空間はしっかりと空間認識をしておきましょう。
ステージ上では近くでデモをする事になるのでハウリングしないようにミュートにすると思いますが、Teamsはミュートにすると画面にメッセージが表示されたままになってしまいます。
そこで、僕はOSではマイクとスピーカーをミュートにせずに、Surface Pro 6 のヘッドセットジャックにオーディオ分岐ケーブルを刺しています。これでミュートしなくても音が出なくなります。

Dynamics 365 Guidesを使用する場合は、事前にマーカーを読み取って、ガイドの位置をあわせておきましょう。
PC の HoloLens アプリで画面出力している状態では、カメラを占有されていてマーカーが読み取れません。ステージが始まってからマーカーの再読取りになってしまった場合は、焦らずに一度 HoloLens アプリの画面表示を切れば大丈夫です。

Dynamics 365 Layoutは、画面出力が暗いのと、近くのものが薄暗く透けてしまうので、狭いステージ上ではお勧めしません。Dynamics 365 Layout を使用する場合は、専用のデモスペースを確保しましょう。

HoloLens のデモは不安定で綱渡りのように見えるかもしれませんが、同じ環境であれば失敗するパターンはほとんど毎回同じです。
失敗しやすいパターンがわかっていれば、やり直したり動画で代替したりしやすいので、繰り返しリハーサルをして把握するようにしましょう。

それでは今日はこの辺で。
スピーカーの皆さんが楽しみながらデモを頑張ってください!!

CEATEC に出展してます

最後にちょっと宣伝です!
10/15(火)~10/18(金)に幕張メッセで CEATEC が開催されます。 マイクロソフトはトータルソリューションエリアの HALL 8 (A012) にブースがあります。
https://www.ceatec.com/ja/showfloor/detail.html?id=35012 ぜひブースにも遊びに来てください!!

Surface Hub 2S を初代と比べてみました!

Surface Hub 2S が手元に届いたので 初代 Surface Hub と比べてみました。

f:id:atsushisz:20191006154844j:plain
Surface Hub 2S

目次

Surface Hub 2S って何?

Surface Hub を知らない方もいると思うので、まずはどんなデバイスか解説しておきましょう。
Surface Hub 2S は 50 インチの大画面にペンとタッチでの入力を搭載したコラボレーション用のコンピューターです。
Surface Hub 2S は、
- デジタルホワイトボード
- Tems または Skype for Business 会議
- 有線 (HDMI・USB-C) / 無線 (Miracast) ディスプレイ
を標準搭載していて、さらに ユニバーサルアプリをインストールしてカスタマイズして使うことができます。

2015年(日本では2016年)に出荷を開始した初代 Surface Hub は 84 インチと 55 インチのラインナップでしたが、Surface Hub 2S は 50 インチの 1機種がまずリリースされました。
今後 PC 部分を除いてペン&タッチディスプレイ機能に特化した「Surface Hub 2 Display」、「Surface Hub2 85 インチモデル」、さらにハードもソフトも進化した「Surface Hub 2X」のリリースを予定しています。

Surface Hub 2S の各部を見てみましょう

f:id:atsushisz:20191006181011j:plain
初代 Surface Hub と Surface Hub 2S
右が Surface Hub 2S、左が初代 Surface Hub (55インチ) です。
本体サイズは H:741 mm x W:1097 mm x D:76 mm / 28 kg (スタンド除く)と、かなりスリムになりました。
画面サイズが 50 インチ に小さくなっていますが、ベゼルが 15 mm とスリムになり、解像度 3840 px x 2560 px (4K+)、アスペクト比 3:2 になったことで、体感的には使えるエリアが広くなったように感じます。

f:id:atsushisz:20191006182319j:plain
Surface Hub 2S 本体背面
本体のディスプレイ部分はとても薄くなりました。中央の円形部分にコンピューター部分がモジュール化して配置されています。
将来的にこのモジュール部分を交換することで、Surface Hub 2X に進化させることができます。

f:id:atsushisz:20191006180955j:plain
Surface Hub 2S 接続端子
接続端子はモジュールの下部に集中しています。 右から、
- Mini Display Port : Surface Hub 2S の画面を外部ディスプレイに表示
- HDMI : Surface Hub 2S を HDMI 接続でディスプレイとして使用 (同時に USB-C を接続するとタッチバック/インクバックも可能)
- USB-C : Surface Hub 2S を USB-C 接続でタッチバック/インクバック ディスプレイとして使用
- USB-A : USB 機器の接続に使用
- 有線 LAN : 1GBps 有線 LAN
- 電源 : AC 電源 (2つありますが通常は一番左の AC 電源端子を使用します)

f:id:atsushisz:20191006181007j:plain
Surface Hub 2S カメラ
カメラは解像度が 4K、水平視野角は 90° になりました。顔を検出して露出を自動調整してくれます。
USB-C とマグネットで本体上部に取り付けられています。本体の左右にも同じ端子がありますが、これは将来 Surface Hub 2X にアップグレードした後で画面回転時に使用します。今でもカメラは認識しますが映像は回転しません。

マイクは本体上部に MEMS マイクアレイが搭載されています。小型、高感度、低消費電力、高いノイズ耐性の MEMS マイクと、8 アレイ + ビームフォーミングで、部屋のどこからでも声をクリアにひろうことができる仕様になっています。

f:id:atsushisz:20191006181001j:plain
Surface Hub 2S ペン
ペンは同時使用本数が 1 本のみになりましたが、ペンと指の同時書き込みに対応しています。
タッチで描画しているときもペン入力のパームリジェクションが働きます。

初代 Surface Hub と比べてみましょう

項目 Surface Hub (55 インチ) Surface Hub 2S
サイズ 806.4mm x 1514.3mm x 85.8mm 741 mm x 1097 mm x 76 mm
重量 48kg 28kg
画面 (16:9) 1920 px x 1080 px (3:2) 3840 px x 2560 px
CPU 4th Gen Intel Core i5 8th Gen Intel Core i5
RAM 8 GB 8 GB
SSD 128 GB 128 GB
GPU Intel HD 4600 Intel UHD グラフィックス 620
カメラ 1080p 内臓フロントカメラ x 2 (水平視野角 100°) 4K USB-C カメラ x 1 (水平視野角 90°)
マイク 4 アレイマイク 8 アレイマイク
スピーカー フロントステレオスピーカー フロント 3 ウェイ ステレオスピーカー
センサー モーションセンサー x 2、照度センサー ドップラーセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
スリープ S3 スリープ Connected Standby

今日はここまで。 次回以降で Surface Hub 2S の特徴でもある Teams 会議とホワイトボード機能を紹介していきます!!

Dynamics 365 Remote Assist for mobile が GA しました

10/1 に スマートデバイス用の Dynamics 365 Remote Assist for mobile が GA して一般提供が開始されました!
iOS / Android 用のアプリなので、HoloLens が無くても試すことができますよ!!

f:id:atsushisz:20191006032959j:plain
Dynamics 365 Remote Assist for mobile

目次

Dynamics 365 Remote Assist って何?

Dynamics 365 Remote Assist は Office 365 の Teams のビデオ会議機能を使用して、遠隔地からの作業支援が可能になるアプリケーションです。
ビデオ通話、アノテーション、ファイル共有、テキストメッセージを使って、現場の技術者と遠隔地のエキスパートがリアルタイムに問題を解決できます。
昨年 10 月に HoloLens 版が GA して、その後 Android 版の Dynamics 365 Remote Assist for mobile の Preview が発表されました。
今回、Dynamics 365 Remote Assist for mobile が GA して、Android 版とともに、iOS 版の一般提供が開始されました。

f:id:atsushisz:20191006033151p:plain
Dynamics 365 Remote Assist for mobile

Dynamics 365 Remote Assist for mobile を使ってみましょう

AR 対応の iOS または Android デバイスを使用すると、空間認識と 3D アノテーションが使用可能です。AR 非対応デバイスの場合、 2D アノテーションが使用可能です。
AR 対応の iOS / Android デバイスはこちらで確認できます。
Learn more about augmented reality on iOS
View the full list of AR-supported Android devices

ストアからアプリをインストールしましょう。
Apple Store
Google Play Store
すでに Android 版の Preview アプリをインストールしている場合は、Google Play Store でアップデートしてください。

Dynamics 365 Remote Assist for mobile のアプリは簡単に機能を試す事ができます。
アプリを起動したら『試す』『Try It』ボタンを押してみましょう。
f:id:atsushisz:20191006040329j:plain f:id:atsushisz:20191006040200j:plain
チュートリアルの後にアノテーション機能を試すことができます。

Dynamics 365 Remote Assist for mobile の環境構築

Dynamics 365 Remote Assist のビデオ通話機能を試すためにはサブスクリプションを購入するか無料試用版にサインアップして Remote Assist を有効にする必要があります。こちらの手順を参考にしてください。
Dynamics 365 Remote Assist の購入と展開


Dynamics 365 Remote Assist for mobile 一般提供開始の詳細は Dynamics 365 Blog『Dynamics 365 Remote Assist goes GA in the October 2019 update!』をご覧ください。

Dynamics 365 Guides が GA しました

10/1 に HoloLens 用のアプリケーション、Dynamics 365 Guides が GA して一般提供が開始されました!

f:id:atsushisz:20191006010607j:plain
Dynamics 365 Guides

目次

Dynamics 365 Guides って何?

Dynamics 365 Guides は現実空間にステップ-バイ-ステップで作業手順を表示することで、トレーニングや作業マニュアルに活用できる HoloLens 用のアプリケーションです。
現実に存在している機器に操作手順の CG を重ねて表示することで不慣れな作業の習得を手助けしたり、すべてを CG で表示して実機がなくても反復練習する事が可能になります。

Dynamics 365 Guides を使ってみましょう

Preview では Dynamics 365 Guides を使用するためにクラウドの環境構築が必要でしたが、GA 版のアプリではデモモードが搭載され、クラウドの構築なしで基本的な作業ガイドのデモが可能になりました。
アプリを起動後に 「Try the Demo」を選択するとデモモードになります。

f:id:atsushisz:20191006010641j:plain
Try the Demo
デモモードではポンプの組み立て作業のガイドを使用することができます。
f:id:atsushisz:20191006010707j:plain
Dynamics 365 Guides - Demo

Dynamics 365 Guides の環境構築

オリジナルのガイドを作成するためには、サブスクリプションを購入するか無料試用版にサインアップしてクラウドの環境構築を行う必要があります。
こちらの手順を参考に環境構築をしましょう。
Dynamics 365 Guides の購入とデプロイ
手順の中で、「Currency」はUSD、「Language」はEnglishを選択しましょう。現在これ以外の通貨と言語を選択すると、この後の手順でソリューションのインストールに失敗してしまいます。
(10/7)修正されて「Currency」JPY、「Language」Japaneseでもソリューションのインストールが可能になりました!!

f:id:atsushisz:20191006010732p:plain
通貨と言語の設定

Preview からのアップデート

Dynamics 365 Guides Preview を使用していた場合は、引き続き使用するためにアプリとソリューションのアップデートが必要です。
こちらの手順を参考にアップデートを行いましょう。
Dynamics 365 Guides パブリック プレビューから GA (一般提供) への切り替え
Preview の通貨と言語にUSD English以外を選択していた場合、残念ながら変更ができません。Power Apps の管理センターで環境とデータベースを作り直しましょう。
(10/7)修正されて「Currency」JPY、「Language」Japaneseでもソリューションのアップデートが可能になりました!!


Dynamics 365 Guides 一般提供開始の詳細は Dynamics 365 Blog『Announcing general availability of Dynamics 365 Guides!』をご覧ください。