What's New

技術情報や大学の授業で使用した演習をメモしていきます。このブログは個人のメモで、所属企業や大学の公式情報ではありません。

Surface Hub 2S を初代と比べてみました!

Surface Hub 2S が手元に届いたので 初代 Surface Hub と比べてみました。

f:id:atsushisz:20191006154844j:plain
Surface Hub 2S

目次

Surface Hub 2S って何?

Surface Hub を知らない方もいると思うので、まずはどんなデバイスか解説しておきましょう。
Surface Hub 2S は 50 インチの大画面にペンとタッチでの入力を搭載したコラボレーション用のコンピューターです。
Surface Hub 2S は、
- デジタルホワイトボード
- Tems または Skype for Business 会議
- 有線 (HDMI・USB-C) / 無線 (Miracast) ディスプレイ
を標準搭載していて、さらに ユニバーサルアプリをインストールしてカスタマイズして使うことができます。

2015年(日本では2016年)に出荷を開始した初代 Surface Hub は 84 インチと 55 インチのラインナップでしたが、Surface Hub 2S は 50 インチの 1機種がまずリリースされました。
今後 PC 部分を除いてペン&タッチディスプレイ機能に特化した「Surface Hub 2 Display」、「Surface Hub2 85 インチモデル」、さらにハードもソフトも進化した「Surface Hub 2X」のリリースを予定しています。

Surface Hub 2S の各部を見てみましょう

f:id:atsushisz:20191006181011j:plain
初代 Surface Hub と Surface Hub 2S
右が Surface Hub 2S、左が初代 Surface Hub (55インチ) です。
本体サイズは H:741 mm x W:1097 mm x D:76 mm / 28 kg (スタンド除く)と、かなりスリムになりました。
画面サイズが 50 インチ に小さくなっていますが、ベゼルが 15 mm とスリムになり、解像度 3840 px x 2560 px (4K+)、アスペクト比 3:2 になったことで、体感的には使えるエリアが広くなったように感じます。

f:id:atsushisz:20191006182319j:plain
Surface Hub 2S 本体背面
本体のディスプレイ部分はとても薄くなりました。中央の円形部分にコンピューター部分がモジュール化して配置されています。
将来的にこのモジュール部分を交換することで、Surface Hub 2X に進化させることができます。

f:id:atsushisz:20191006180955j:plain
Surface Hub 2S 接続端子
接続端子はモジュールの下部に集中しています。 右から、
- Mini Display Port : Surface Hub 2S の画面を外部ディスプレイに表示
- HDMI : Surface Hub 2S を HDMI 接続でディスプレイとして使用 (同時に USB-C を接続するとタッチバック/インクバックも可能)
- USB-C : Surface Hub 2S を USB-C 接続でタッチバック/インクバック ディスプレイとして使用
- USB-A : USB 機器の接続に使用
- 有線 LAN : 1GBps 有線 LAN
- 電源 : AC 電源 (2つありますが通常は一番左の AC 電源端子を使用します)

f:id:atsushisz:20191006181007j:plain
Surface Hub 2S カメラ
カメラは解像度が 4K、水平視野角は 90° になりました。顔を検出して露出を自動調整してくれます。
USB-C とマグネットで本体上部に取り付けられています。本体の左右にも同じ端子がありますが、これは将来 Surface Hub 2X にアップグレードした後で画面回転時に使用します。今でもカメラは認識しますが映像は回転しません。

マイクは本体上部に MEMS マイクアレイが搭載されています。小型、高感度、低消費電力、高いノイズ耐性の MEMS マイクと、8 アレイ + ビームフォーミングで、部屋のどこからでも声をクリアにひろうことができる仕様になっています。

f:id:atsushisz:20191006181001j:plain
Surface Hub 2S ペン
ペンは同時使用本数が 1 本のみになりましたが、ペンと指の同時書き込みに対応しています。
タッチで描画しているときもペン入力のパームリジェクションが働きます。

初代 Surface Hub と比べてみましょう

項目 Surface Hub (55 インチ) Surface Hub 2S
サイズ 806.4mm x 1514.3mm x 85.8mm 741 mm x 1097 mm x 76 mm
重量 48kg 28kg
画面 (16:9) 1920 px x 1080 px (3:2) 3840 px x 2560 px
CPU 4th Gen Intel Core i5 8th Gen Intel Core i5
RAM 8 GB 8 GB
SSD 128 GB 128 GB
GPU Intel HD 4600 Intel UHD グラフィックス 620
カメラ 1080p 内臓フロントカメラ x 2 (水平視野角 100°) 4K USB-C カメラ x 1 (水平視野角 90°)
マイク 4 アレイマイク 8 アレイマイク
スピーカー フロントステレオスピーカー フロント 3 ウェイ ステレオスピーカー
センサー モーションセンサー x 2、照度センサー ドップラーセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
スリープ S3 スリープ Connected Standby

今日はここまで。 次回以降で Surface Hub 2S の特徴でもある Teams 会議とホワイトボード機能を紹介していきます!!