あつしの What's New

技術情報や大学の授業で使用した演習をメモしていきます。このブログは個人のメモで、所属企業や大学の公式情報ではありません。

HoloLens のデモ環境

イベントのステージなどでデモをしていると HoloLens のデモ環境について質問を受けることが多いので、いつも使っているデモ環境を紹介していきたいと思います。
f:id:atsushisz:20191012025758j:plain

目次

演台周辺とステージの配置

僕は主にこんなところで HoloLens のデモをやっています。
- 日本マイクロソフト 品川本社の HoloLens のデモルーム
- 日本マイクロソフト 品川本社のセミナールーム
- イベントでブレイクアウトセッションのステージ
- イベントのブースのステージ
この中で難易度が高いのはイベントのステージです。
HoloLens のデモをするためにはある程度の広さが必要ですが、ステージは広さが限られている上に壁が近いことが多いので、いかにしてトラッキングロストを起こさないようにするかが重要になります。

f:id:atsushisz:20191012025105j:plain
CEATEC ブース
例えば、来週の CEATEC のマイクロソフトブースのステージはこんな配置です。壁は黒で床は白に近いグレーになっています。

CEATEC のマイクロソフトブースの壁は黒です。 黒は HoloLens で認識しづらいのでコリジョン抜けを起こしやすいのですが、一方で比較的近くで使用してもトラッキングロストが起きにくいという利点もあります。
ステージ中央にはキューブを配置して形に変化をつけています。これは、Azure Spatial Anchor や Spactator View を使用するための工夫です。
これによってアンカーがずれにくくなります。 Azure Spatial Anchors を使用して効果的なアンカー エクスペリエンスを作成するに Azure Spatial Anchor や Spactator View で安定した環境を作る工夫が記載されています。

ネットワーク環境

次に HoloLens のデモで重要なネットワーク環境です。
僕はこれらの機器を使用しています。

機器 機種
ルーター RTX830
WiFi AP WLX402
PoE YPS-PoE-AT

f:id:atsushisz:20191012025128j:plain
CEATEC ネットワーク機器
ゲーミングルーターを使用する方も多いと思いますが、ブースステージの場合は速度より接続の安定性を重視します。
今回の CEATEC では、HoloLens と iPhone を無線、Surface Pro 6 を有線で接続します。

HoloLens には RTX830(ルーター)の DHCP で固定の IP アドレスを予約しています。これは Spectator View で IP 指定で接続するためです。PC の HoloLens アプリや Miracast だけで接続するなら IP アドレスを固定しなくても大丈夫です。

実施するデモ

十分なスペースが確保できない空間では実施するデモの選択も重要になってきます。

安定していておすすめなのは Dynamics 365 Remote Assist です。アノテーションを打つ場所を事前に決めて、その空間はしっかりと空間認識をしておきましょう。
ステージ上では近くでデモをする事になるのでハウリングしないようにミュートにすると思いますが、Teamsはミュートにすると画面にメッセージが表示されたままになってしまいます。
そこで、僕はOSではマイクとスピーカーをミュートにせずに、Surface Pro 6 のヘッドセットジャックにオーディオ分岐ケーブルを刺しています。これでミュートしなくても音が出なくなります。

Dynamics 365 Guidesを使用する場合は、事前にマーカーを読み取って、ガイドの位置をあわせておきましょう。
PC の HoloLens アプリで画面出力している状態では、カメラを占有されていてマーカーが読み取れません。ステージが始まってからマーカーの再読取りになってしまった場合は、焦らずに一度 HoloLens アプリの画面表示を切れば大丈夫です。

Dynamics 365 Layoutは、画面出力が暗いのと、近くのものが薄暗く透けてしまうので、狭いステージ上ではお勧めしません。Dynamics 365 Layout を使用する場合は、専用のデモスペースを確保しましょう。

HoloLens のデモは不安定で綱渡りのように見えるかもしれませんが、同じ環境であれば失敗するパターンはほとんど毎回同じです。
失敗しやすいパターンがわかっていれば、やり直したり動画で代替したりしやすいので、繰り返しリハーサルをして把握するようにしましょう。

それでは今日はこの辺で。
スピーカーの皆さんが楽しみながらデモを頑張ってください!!

CEATEC に出展してます

最後にちょっと宣伝です!
10/15(火)~10/18(金)に幕張メッセで CEATEC が開催されます。 マイクロソフトはトータルソリューションエリアの HALL 8 (A012) にブースがあります。
https://www.ceatec.com/ja/showfloor/detail.html?id=35012 ぜひブースにも遊びに来てください!!